癒し探求*life

神戸在住1年。動物、編み物、絵、好きです。小さな幸せ見つけていきたい*

岩波少年文庫は大人も読める*

おはようございます*


以前、カレルチャペック紅茶店オーナーの

山田詩子さんが紹介していた岩波少年文庫


私は基本立読みで済ませてしまうことが多くて。

立読みだと自己啓発本か雑誌です。

小説など物語は読むのに時間がかかるので、年に数冊しか読みません。


今回は岩波少年文庫「こいぬとこねこのおかしな話」を読みました。


f:id:koala_88:20180303091519j:plain


子ども向けなので文字も大きくすぐ読めます。

登場する こいぬとこねこは、森の近くの小さな一軒家に住み、人間のきちんとした生活に憧れて人間の真似をしてみます。

ちょっととぼけたこぬいとしっかり者のこねこ。床そうじしたり、ケーキを焼いたり、手紙を書いたり…

ときどき失敗しながらも、いろんなことに挑戦します。


失敗してもいいんだよ、というメッセージが込められているようで。

くすっと微笑ましくなる本でした。


著者はチェコの画家であり作家のヨゼフ・チャペック。この本の絵も全てヨゼフが描いてるそうです。

才能ある人は何でもできてしまうのですね^ ^


なんだか子どもにおすすめしたくなりました!

子どもいないんですけどね。

子どもの時に本をたくさん読んでた子って

文章がすらすら書けて、感想文も得意なイメージがあります。

なんでこんなに文章すらすら書けるんだろ!って学生の時に感心してました。


本を読むって、新しい世界を知るにも大切ですね*


ちなみにこのブックカバー。

山田詩子さん描き下ろしです。


おなじく岩波少年文庫の「ライオンと魔女」に出てくる、ビーバー夫人だそうです*

私この本は子どもの時に読んで、すごい面白い!って思いました。ディズニー映画にもなりましたね。

雪の国の白い魔女やオオカミが襲ってくるっていうのに…ごはん作るからちょっと待っててね。というビーバー夫人の、のんきなシーンらしいです^ ^

岩波少年文庫が多くの子どもたちに読まれたらいいな。


f:id:koala_88:20180303100748j:plain